since1984

三和コーポレーションの開発研究製品_01

相乗効果のある多角化を進め、時代に求められる技術と製品、事業を創りつづけています。

代表者メッセージ

代表取締役社長の写真

Synersy   1+1>2
SANWA COPORATION,LTD.

1984年の創業以来、「日常に新らしい技術や仕事の芽がある」の視点に立って、身近でありながら従来にない製品や事業を創ってきました。

これまでに、生鮮食料品に絞った包装資材、食生活を新らしい視点で見つめ直した食品業界用品、暮らしに密着した独創的な生活用品、環境保全に役立つ樹木の栽培などなど…

いずれもマーケットを調査・分析し、背景にある人々の心を読むことから生まれてきたものです。

また、事業を拡げるだけでなく、多角化を進め、グループ企業を結びながら、相乗効果を出す仕事を創っています。


「固有の発想や技術を市場に合わせ、新たな仕事を生みだす」

これからも時代に求められる技術と製品、事業を創りつづけます。

会社概要

honshya-w280h210.jpg

大阪本社

toukyou-eigyoujyo-1_w230h288.jpg

東京営業所

fukuoka-office_w297h210.jpg

福岡営業所

oosumi_0.jpg

鹿児島営業所

mie-w230h173.jpg

Synersy   1+1>2
SANWA COPORATION,LTD.

社 名:株式会社 三和コーポレーション

所在地:大阪府豊中市小曽根3-9-14 〒561-0813

    Tel.06-6336-3933 Fax.06-6336-3903


設 立:昭和59年[1984]三和企画を個人創業

    昭和62年[1987/3/3]株式会社 三和企画を設立

資本金:3,000万円

代表者:渡部  一二

従業員:55名(2017年3月3日現在)

売上高:24億8千万円  三和グループ連結(平成20年度)

事 業:食品包装資材の製造
    生活用品の製造・販売
    産業用包装資材の輸入・販売
    インターネット販売
    電気製品の輸入・販売
    ポスティング事業

所:東京都千代田区神田須田町2-23-11
​       河合ビル9F 〒101-0041

       Tel.03-5296-6771 Fax.03-5296-6772

福 岡 営 業 所:福岡市博多区博多駅前3-4-25
       アクロスキューブ博多駅前 〒812-0011

       Tel.092-419-7088 Fax:092-303-8404

鹿児島営業所:鹿児島県曽於郡大崎町野方5254-2
​       〒899-8313

       Tel.0994-71-0505 Fax.0994-71 -0506

三  重  工  場:三重県津市戸木町4857-18 〒514-1138

       Tel.059-256-2839 Fax.059-256-2788

富  士  工  場:静岡県富士市大渕4394-50

       Tel.0545-35-4403 Fax.0545-35-4402

三 重 工 場

fuji_0.jpg

富 士 工 場

会社沿革

1万円札、新紙幣発行

新紙幣発行、1984年「1万円札福澤諭吉」

Synersy   1+1>2
SANWA COPORATION,LTD.

昭和59年[1984] 大阪府豊中市にて三和企画を個人創業

昭和60年[1985] 豊中市にプラスチック成形工場を設備
昭和62年[1987] 株式会社 三和企画を設立

                     紙加工機導入

           豊中市に生産工場を新設

平成 元年[1989] 生産・販売を分離

                           生産部を分社 株式会社サンエイを設立

平成  3年[1991] 鹿児島事業所を設立

平成  5年[1993] 株式会社 三和コーポレーションに社名変更

平成10年[1996] 豊中市に現事務所新設

              (株)久宝プラスチック製作所と業務提携

平成11年[1999](株)久宝プラスチック製作所の営業部門を合併[6月]

平成18年[2006] 健康関連事業開始

平成19年[2007] ネット事業部を新設し、通信販売を開始

平成20年[2008] 富士工場を新設・移転
                           豊中工場を閉鎖し富士工場に集約

平成21年[2009] 東京営業所を千代田区神田須田町に移転
平成25年[2013] 佐川急便と提携し、ポスティング事業開始

平成26年[2014] 株式会社サンエイを合併
                           JR他からの要望を受け、近隣対策事業開始

平成26年[2015] 資本金を3,000万円に増資
                           エコキャップ収集活動の円滑化のため

                           NPO法人エコ・ワクチン協力会設立


令和  1年[2019/12/18] 現在

取引銀行:三井住友銀行江坂支店・新大阪法人営業部
     東京三菱UFJ銀行大阪駅前支店
     北おおさか信用金庫江坂支店

グループ:(株)フロンティア <業務>貿易

     (株)おおすみテクノ

     (株)ホカリ

関連会社:(株)エムエイティ <業務>食品包装資材の販売

     (有)南洲農園 

お取引先:旭洋株式会社  日本紙パルプ商事株式会社

     クドー株式会社 他800社    

相乗効果のある多角化を進め、時代に求められる技術と製品、事業を創りつづけています。

三和コーポレーションの開発研究製品_02
nishinomiya-jinja-sasa_wh350.jpg

Synersy   1+1>2
SANWA COPORATION,LTD.


Synersy   /シナジー とは「相乗効果」です。
 

世界で4000万部売れた 今も読み続けられるビジネスマンの聖書、『7つの習慣 成功には原則があった!』
スティーブン・R・コヴィー著

の中でも説明されているので引用します。

話し合いの中で、新しい案を出そうとするとき、陥りいるものに「2者選択」と「妥協」があります。

例えば、政治では「交渉」とは「妥協」と言い切る方がいます。
 

しかし、相乗効果とは、「妥協」ではなく、また「2者選択」のように誰かの案でもあなたの案でもない、全く新しい「第3の案」を求めることです。
 

1+1が3以上になるようなに、お互いが満足できるような解決策を打ち出すことが相乗効果です。
 

2者選択や妥協から第3の案へ進む方法は、「考え方を基本的に変える」ことにあるとしています。


ただし、表面的なテクニックではなく、誠意・謙虚・誠実・勇気・忍耐など人格的な部分を磨くことが大切と説きます。

そのうえで、人格を磨くための具体的な習慣を示しています。